文字サイズ:文字サイズ小さくする文字サイズを戻す文字サイズを大きくする
HOME > 広島県歯科医師会について > 概要
広島県歯科医師会について
広島県歯科医師会の概要

広島県歯科医師会は、昭和22年11月民法第34条に基づく社団法人として設立、認可されました。


広島県歯科医師会館
以来、歯科医療を通じて地域社会に貢献すべく活動を行っています。

広島県でも厚生労働省と日本歯科医師会が取り組んでいる8020運動(80歳の時点で20本の歯を維持)を進めています。

口腔の事だけでなく、全身の健康の問題にも取り組んでおり、広島県医師会と連携して禁煙推進事業や、骨粗鬆症の早期発見のためのスクリーニング(ふるい分け)事業等も展開しています。

また、「ネグレクト(養育放棄)」などの虐待を受けているこどもはむし歯の発症率が高いとされていることから、幼児虐待の問題について行政との連携を図っているほか、犯罪防止のための「こども110番歯科医院制度」及び身元不明死体の歯牙鑑定などで警察にも協力しています。


前ページに戻る