>>トップ >>保険給付 >>療養の給付について
療養の給付について

病気やけがをして、国保を扱う病院・診療所で治療を受けた場合それにかかった医療費は、当組合の支給制度により医療機関に支払っています。

療養の給付及び療養費については、項種別や組合員本人・家族にかかわらず次のとおり給付を行います。

未就学児
8割
小学生〜69歳の方
7割
70〜74歳で一般の所得の方
8割(ただし自己負担は1割です)
70〜74歳で現役並所得の方
7割

 

※現役並所得とは
同一世帯に課税所得が145万円以上の70〜74歳の方がいる場合。
ただし,70〜74歳の方の合計収入が、一定額未満(単身世帯の場合:年収383万円未満,二人以上の世帯の場合:年収520万円未満)である旨申請があった場合を除きます。

↑ページトップへ