>>トップ >>保険給付 >>療養費について
療養費について
医療給付は病院・診療所に被保険者証を提出し、医療という現物給付を受けるのがたてまえですが、次に該当する場合はとりあえず自分で代金を支払い、後で組合へ「療養費支給申請書」を提出し、支払いを受けることができます。この場合は保険で診療を受けた場合を基準として審査し、現金で払い戻します。

  1. 急病で被保険者証が持参できなかった場合
  2. 海外で受診した場合
    (急病等により止むを得ず現地の病院で医療を受けた場合に限られ、病気の治療を目的として渡航し受診したものは給付対象となりません。また、日本国内で保険適用となっていない医療行為も給付の対象となりません)
  3. 近くに保険医療機関がなく緊急やむを得ない場合
    *申請手続 
    (1)療養費支給申請書
    (2)医療費明細書(レセプトの写し)
    (3)領収書
    注)海外で受診された場合は、診療内容証明書と領収書等で日本語に翻訳されているものを添付して下さい。
  4. 柔道整復師の施術を受けた場合
    • 骨折、脱臼、捻挫等で柔道整復師のところで施術を受けた場合は、県知事と柔道整復師会との間で協定が結ばれていますので、施術所に被保険者証を提出し備え付けの療養費支給申請書の委任状の欄に被保険者の署名・捺印をすることで施術が受けられ、給付割合による一部負担金を支払えばよいことになります。ただし、柔道整復師会に加入していない施術師の場合は、従来どおり全額を支払い、後日組合に療養費の支給申請をすることになります。
    • 骨折、脱臼の場合は、応急手当てを除き医師の同意を得なければなりません。
  5. マッサージ(保険医が施術を必要と認めた場合に限ります)
    • 脳出血等による半身麻痺又は半身付随のため歩行が不可能か著しく困難なとき
    • 骨折後の後療法
  6. はり、きゅう(保険医が治療上必要と認めた場合に限ります)
    • 医師による適当な治療手段がないものであり、主に神経痛、リュウマチ及びこれらの疾病と同一と認められる頚腕症候群、五十肩及び腰痛症等の病気で慢性的な疼痛を主症とする疾患
    *申請手続 
    (1)療養費支給申請書
    (2)保険医の施術同意書
    (3)施術明細書
    ◆マッサージ、はり、きゅうの支給期間は診療の日から3ヵ月間です。
  7. 治療用装具を装着したとき(保険医が治療上必要と認めた場合に限ります)
    • 関節用装具、コルセット、義眼、小児の治療用眼鏡、リンパ浮腫に対応した弾性着衣などの装具を医師が治療上必要と認め、患者に装着した場合は装着した人がコルセット等の製作業者に現金払いし、後日組合に療養費の支給申請をすることとなります。
    *申請手続 
    (1)療養費支給申請書
    (2)保険医の証明書
    (3)装具装着証明書
    (4)領収書(装具の内訳書)

  8. 輸血の場合の生血液代
    • 輸血の際の生血代は療養費払いの取扱いとなります。
      保存血は現物給付となっておりますが、手術のときや治療で輸血が必要なとき、普通はその血液型の保存血を使って輸血が行われます。
      しかし、緊急に生血を提供してもらう必要が生じたとき、生血の提供者に支払った血液代金は保険の範囲内で療養費の支給対象となります。

    ◆親、兄弟姉妹、親族の場合は請求できません。
    *申請手続 
    (1)療養費支給申請書
    (2)医師の輸血証明書

    (3)輸血代の領収書(輸血代は一般に妥当だと認められる実費額)

↑ページトップへ