>>トップ >>保険給付 >>歯科給付の制限について
歯科給付の制限について

歯科医師国保組合は歯科医療従事者とその家族で組織され、かつ自らに対しても歯科医療を提供する立場でもあるという、他の保険者とは異なる事情を内包しています。

そこで、出来得る限り加入者の保険料負担を少なくするとともに、健全な組合事業運営のため歯科給付に対しては次のとおり一部制限しておりますので、ご理解をお願いします。

 

■6条1項 組合員(県歯会員である組合員とその家族)

  • 他の歯科医院での治療について給付します。
  • 自己及び勤務先の歯科医院並びに系列歯科医院での治療と、その治療に伴う処方箋の発行による調剤については給付しません。該当する請求があがってきた場合は、レセプトを返戻させていただきます。
    ※1項 家族の制限は平成28年10月から開始。

 

■6条2項 組合員(従業員)とその家族

  • 歯科給付については縦覧点検を行い、疑問点があれば組合からご連絡のうえ、事情をお聞きすることがありますのでご了承下さい。

↑ページトップへ