お知らせ

中国新聞に公共広告を掲載しました。

11月8日は「いい歯の日」、11月8~14日は「いい歯の週間」です。

厚生労働省と日本歯科医師会が推進する「8020 (ハチマルニイマル) 運動~80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」の一環として、1993年 (平成5年) に日本歯科医師会が11月8日を「いい歯の日」と定めました。また「いい歯の週間」は、2011年 (平成23年) に公布された「広島県歯と口腔の健康づくり推進条例」に定められています。

広島県歯科医師会は、歯と口の健康週間 (6月4~10日) と同様、この期間に県民の皆様へ向け様々な情報を発信しており、その一環として、11月8日付け「中国新聞」の朝刊紙上に公共広告を掲載しましたのでご案内申し上げます。


二連版全16段

広島県歯科医師会_中国新聞広告

今年度は、サッカーJ1サンフレッチェ広島様の全面協力のもと、仙田信吾株式会社サンフレッチェ広島代表取締役社長と山﨑健次一般社団法人広島県歯科医師会会長が、「スポーツ歯科の重要性」について話し合った内容をご紹介します。画像をクリック/タップで拡大表示します。


雑報広告 (突き出し)

広島県歯科医師会_中国新聞広告


記事下広告 (半5段)

広島県歯科医師会_中国新聞広告

令和3年度「8028達成者表彰」の受賞者はこちらのページをご覧ください。


記事下広告 (半3段)

広島県歯科医師会_中国新聞広告


<本ページに関するお問い合わせ>
一般社団法人広島県歯科医師会 企画・広報部
事務局デジタル推進課

ページトップへ戻る